平成の次の年号(新元号)は何?決める条件は?誰が決めるの?これらを詳しく解説

スポンサーリンク

こんにちは!

しゅーです(^。^)y-.。o○

 

2016年8月8日に天皇陛下がお気持ちを表明されて以来、

生前退位がいつになるのか注目が集まっていましたが、

平成31年(2019年)1月1日に生前退位が行われ、

新年号(新元号)に入る方針であることが

明らかとなりました。

 

新元号になるということは

平成から次の年号(新元号)に

変わるということなので

今回は次の元号は何になるのか、

決め方は誰がどのように決めているのか

まとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 
元号とは?

 

元号とは、特定の年代に付けられる称号のことで

年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。

 

古くは王の即位から年を数えましたが、

一定の起算点を定めて年数を数える方法が考えられ、

中国の前漢(紀元前206年~8年)の

武帝(ぶてい・紀元前156年~87年)のときに

使用されはじめ、次第に近隣諸国でも

使用されるようになりました。

 

日本では、飛鳥時代(592年~710年)に

元号が使用されるようになったといわれています。

 

日本で最初の元号は「大化(たいか)」で、

645年7月17日~650年3月22日までです。

 

その後、長い歴史の中で数多くの元号が生まれ、

現在の「平成」に至ります。

 

 

 

 

 

 

 

 
平成の次の名前(新元号)はすでに決まっている!?

 

平成の次の年号(新元号)は何になるのか

ネットで調べてみると

安始(やすし)」や「安久(あんきゅう)」の2つが

候補としてあげられています。

 

この年号はどこから来て誰が決めたのかについて

調べてみると特に情報がなく

ネット上の憶測にすぎなかったということでした。

スポンサーリンク


 

 
平成の次の年号(新元号)は誰がどのように決めるの?

 

実は法律では「元号を政令で定める」となっているだけで

具体的な決め方は特に存在しません

ちなみに「平成」の元号は下記の手順で決まりました。

 

①.漢文学や国文学関連の大学教授などの有識者が

  集められ元となる候補を考案

 

②.内閣官房長官(当時は小渕恵三氏)がその中から選定

 

③.閣議で選定された候補を元に協議する

 

④.衆参両院議長の意見も聞く

 

⑤.最終的に閣議で決定

 

この5つの経緯によって正式に発表されました。

 

ちなみに平成を考案したのは

安岡正篤氏という陽明学者で

平和の達成」という意味が込められているそうです。

 

恐らく平成の次の年号(新元号)の決め方も

平成を決めた時と同じ方法が取られるの可能性が高いため、

一番最初に有識者が集められると思います。

 

 

 

スポンサーリンク



平成の次の年号(新元号)の決め方のルールは?

 

年号の歴史によると新元号の決め方のルールが

いくつか存在すると言われています。

 

①.国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること

 

②. 漢字2文字であること

 

③. 書きやすいこと

 

④. 読みやすいこと

 

⑤. これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと

 

⑥. 俗用されているものでないこと

以上のような条件があるそうです。

 

これらの条件の他に頭文字は、

M(明治)

T(大正)

S(昭和)

H(平成)

とアルファベットで表記されることが多いため

重複しないようにできています。

 

現在の平成という元号を決めるときには、

修文(しゅうぶん)」と「正化(せいか)

という候補もあったそうですが、

話し合いの中で

平成がわかりやすくて親しみやすい

イニシャルが明治(M)、大正(T)、昭和(S)と

 重ならないほうが良い

という意見があり、最終的に平成に決まったといわれています。

 

ということでニュースでは

2019年(平成31年)1月1日から新しい年号(新元号)になることが

確実となったことで平成の期間が2年しかありません。

 

今後、新しい年号(新元号)が何になるか

話題になっていきますので

注目したいところです。

スポンサーリンク